結婚式の-お見積り-のこと

今日は少しリアルでecruが伝えたい「お見積り」のことを書いてみます
なぜこのテーマをあえて取り上げようと思ったかというと
結婚式を挙げるとき 必ずご費用のことは考えなくてはいけないけれど
理想と現実のギャップに悩む新郎新婦様も少なくないと思うからです

情報誌にもよく書いてある「結婚式の見積りは後からどんどん上がっていく」
初回のお見積りよりも平均100万円以上アップすることも多いといわれているお見積り。
私はフリーになる前からずっとこれが気がかりでした

初めての結婚式
いろんな会場を見て 比較をして 家族と相談して決める中で
お見積りは大切な判断基準になります
そして どこも自分の会場でお客様に結婚式を挙げて頂くのが一番だと
自信を持ってご対応しているからこそ ご費用も他社と競います
それは何も間違っていないし まだ何も決まっていない中で最低限の価格しか
ご提示しがたいのも確かです。ただ…

そこからお打合せを進める中で、お見積りのお料理では少ないと思い
会場お勧めのコース料理を選び、お花のボリュームがお見積りどおりでは
寂しいと思いボリュームを増やし、お見積りには入っていなかったけど
スタンダードに行われている演出を追加し、プロのカメラマンを手配し・・・
これが重なった結果が「結婚式の見積りは後からどんどん上がっていく」ことです。

もちろん、一つ一つお二人とご両家にご提案し納得の上で選んで頂いたものばかり
ですから これが何かトラブルの種だとかそういうことではなくて。
でもやっぱり 一つ一つの金額は少額に見えても 積み重なった大きなお金を
結婚式の2ヶ月前くらいに改めて再見積りをリアルに見てビックリすることも
当初のお見積りはあってなかったようなものだなぁって私だったら感じます

だからecruはこのお見積りの出し方はしないでいます
お二人の想いやご希望をお聞きして それに対してお二人にご提案したいこと
こういう予算の使い方はどうか とプロとしてお伝えしたいと思っています
どんどん上がるお見積りではなく お二人にとって正直であり、ゲストから頂く
‘ご祝儀’という大切なお金の使い道をご一緒に考える具体的なお見積りを出したいと思ったからです
お二人が ゲストへいいお料理をお出ししたいと思うのはなぜでしょう
お花をもっと寂しくないように飾りたいと思うのはなぜでしょう
プロのカメラマンに写真を残してほしいと思うのはなぜでしょう

それは お二人がゲストを思うからこその気持ちと 二人の思い出を写真という
ずっと手元に残る記録を残しておきたいという想いがあるからそこにご費用を
かける選択をしていらっしゃるのですよね^^
だからこそ お二人がゲストを思う気持ちと大切な思い出を残す選択を見た目の安さで
お出ししたくないな、と思うんです

これまでのecruの新郎新婦様やご両家から
*現実的な予算が見えていたから結果式場で挙げた兄弟より予算を抑えられた
*必要なものが全部入っていたから後から予算がどんどん上がらずに済んで安心できた
*オーダーメイドなのにとても良心的な価格だった
という言葉が頂けていることが、はじめのお見積りからの大幅な差額のなさに
ご安心頂けたのかな、と私たちも感じています

「もっと高いと思っていました」とよく言われるのですが(笑)
安く見える のと 実際に感じる適正さ は全然違うと思います
目で見てわかりやすいお見積りがあれば、そこから予算を抑えていく方法も具体的に見えます
そういうこともざっくばらんに一緒にプランナーとお話しできたら
お二人もとても気持ちが楽ではないでしょうか?^^

決まったプランがないからこそ、お二人に合わせて
お見積りもオーダーメイドであることが私たちのこだわりです
人からご祝儀としてお金を頂くという尊さ、ご自分達やご両家がこの日のために
大切に貯めてこられたお金を使うこと、私たちも一つ一つお伝えしながら
結婚式のご費用にも向き合わせて頂きたいと思います

今日はそんな 真面目なおはなし

***************************
ecru-ordermade wedding-
代表/ウェディングプランナー 梶原映実
***************************

 

アトリエ

2月1日 無事にecruのアトリエをオープンすることができました
正直なところオープンまで本当に気が気じゃなく(笑)
バタバタと準備をしていましたが 初日から新郎新婦様をお迎えし
週末に開催したウェディング相談会、また同時開催のカタル葉さんの
販売会と、オープンからたくさんのお客様に足を運んでいただき
いよいよ始まったんだなぁ、人が来てくださって初めて場所が生き生き
するんだなぁ と、とても感無量でした

入口には いつかecruの文字を書いて頂きたいとずっと願っていた
大分県のカリグラファー Atelier Confeitoさんに制作頂いた
サインボードも掲げて
一つ一つ形になっていく嬉しさと まだまだやりたいこともたくさんの
ecruのアトリエです

今年ご結婚式をお考えの新郎新婦様も続々とおいで頂いている毎週末
「以前からInstagramを見て、ぜひお願いしたいと思ってました」
と 結婚が決まって嬉しそうに来てくださる新郎新婦様
「まだ何も決まっていないけれど、ぜひお話しを聞いてみたいと思って」
と 結婚式の初めの一歩をecruに託してくださる新郎新婦様

月に2組様という限られたプロデュースにさせて頂いていますが
これはもうこれからもずっと たくさん よりも 丁寧に
一組様ずつ「本当はこうできたらいいと思ってたんです」の「本当は」
に隠された想いを叶えることを大切に寄り添っていきたいと思います

今年に入ってご相談も多数いただいておりまして
ご案内をお待たせする場合もございましてご不便をおかけいたしますが
プロデュースはご成約先着順にお受けしております
(正式なご予約は、ご希望時期の1年前から承っております)
今年のご依頼も混み合ってまいりましたので、ぜひお早めにご相談
いただけたらなと思います

アトリエも実はまだまだ未完成
これからもどんどん形を変え おいで頂くたびに景色の変わる面白い
場所になるんじゃないかなぁと思っています

これからもecruらしく進んでいけたらと思います
皆様のお越しを心からお待ちしております

*************************************************
ecru-ordermade wedding-
ウェディングプランナー 梶原映実
*************************************************

2018.2.1 Atelier open!

遅ればせながら
新年あけましておめでとうございます
今年もどうぞ よろしくお願いいたします

年末年始 お休みを頂きありがとうございました

 

*******************************************

今年はずっと夢だったことが叶う年

2月1日に福島市にアトリエをオープンします

よりecruの雰囲気を感じて頂けるように
より落ち着いた空間の中で
ウェディングの色々を作って
イメージして頂けるように

「常にお客様がたくさんいてにぎやかで」とか
「新しくてキラキラしてる」
というアトリエではありません

カタル葉の穴澤さんのおかげで出逢うことができた
大切な空間に 少しずつ手を加えています

また このアトリエから
大事に大事に温めたウエディングのことや
ecruの結婚式への想いを発信して
それを受け取ってくださる方との
ご縁がつながることを祈っています

遊びに来ていただけたら
とっても嬉しいです♩

2月3日には
オープンを記念した相談会も予定しております

フリーランスのウエディングプランナーのことを
より身近に感じて頂ける
一日になったらいいな、と思っております

アトリエへのアクセスや、相談会の詳細については
後日HPでお知らせいたします

2月3日に向けて
妄想が止まらない橋本がお送りしました

#プランナーって妄想好きなのだろうか)
#梶原の昔のブログもよく妄想って書いてる

…………………………………………………
ecru-ordermade wedding-
橋本 沙代美
福島県中通り・会津若松市・いわき市
宮城県仙台市/山形県米沢市・山形市
栃木県那須周辺
その他の地域もお問い合わせください
…………………………………………………

12345...102030...Last »