とある公園でのwedding

初夏の風がとっても気持ちよかった
アウトドアウェディングのことを振り返る

新郎新婦様との出逢いは
本当に偶然

あるお店にふらっとショップカードを置きに行って
店長さんと
「こんなウェディングをプランニングしているので、
 結婚式場以外の場所での結婚式を叶えたい、という方がいたら、
 ぜひ相談にいらっしゃるように伝えて下さい」
と話した数時間後 ―

店長さんと長年の友人であるお2人が
「公園で結婚式がしたいんだけど、
 どうしたらいいのかなー」
と、相談にいらしたそう!

初めてお会いした時に 
なぜその公園で結婚式をしたいのか
お2人の出会い 付き合ったきっかけのお祭り
周りの大切なご友人たちのこと
新郎様の親友である、新婦のお兄様のこと

沢山お話を聞かせて頂いて
お2人がイメージしている空気感・雰囲気・光景が
はっきりと頭の中に浮かんできた。

イメージは膨らんだものの
「どうやったらできるんでしょうか?」
と、そんな 不安な気持ちもちょっとだけ伝わってきた。

「アウトドア」という言葉通り
屋根もない ブライズルームもない イスもテーブルもない

有るのは
広い空と青々と茂る芝生
開放感があって 最高のロケーション。

プランナーとして経験を積んできたとはいえ
正直 今回は様々な面で 初めての条件が多くて。

だけど 少しでも私が不安に思ったら
目の前でつかみかけている イメージしている最高な日が
なんだか遠くに行ってしまう気がして。

「大丈夫ですよ、イメージしている通りになります!」
と、打ち合わせの度に言っていた気がする。

半分 自分に言い聞かせている様な感じだった。

イメージはきっと共有できていて
だけど
そのイメージをリアルにするために
「これで絶対に大丈夫」といえる瞬間は
セッティングを終えるまでは、訪れなかった。笑

どんなに時間をかけて準備していても
頭のどこかで常に考えていたようで
半月に1回くらいずつ、この日の夢を見ていた。

1つ1つイメージして、
当日関わる皆様とすり合わせをして
何度も何度もあって
打ち合わせして…

前日準備から
公園の周りはまるでお祭り騒ぎ。


それもそのはず
須賀川で育ったお2人なので
そこの和菓子屋さん
隣の苗屋さん
あそこの〇〇さん
と、ふたりの結婚式を待ちに待った人たちが
公園の周りにたくさん。

ディズニー映画の
王子様と町一番の美女の結婚式、
みたいだった(←伝わる?笑)

前日からビールを飲んで、本当にたくさんの人たちが
お2人のために動いてくださっていて。

迎えた当日は、降水確率0%!

公園を初めて下見に来たときよりも
輝かしい緑と、きれいに見渡せる須賀川の街。

そして、そこに彩りを加える120名のゲストの皆様。

それぞれが
写真を撮ったり ビールを飲んだり
久々の再会を楽しんでいる光景が
何ともたまらない時間だった。

お2人が 時折ちょっと夢見心地に
「最高~♩」とこぼれるような笑顔になるのが
キュンとするほど 嬉しかった

お2人がどんな想いでこの結婚式のことを想い描き
ゲストにどんな想いを伝えたくて
どんなふうに楽しんで欲しかったか

そのすべてが
目の前にあった

お2人じゃなかったら
この人柄と
このご友人たちがいなかったら
叶えられなかったこの日のこと。

プロデュースさせて頂いたはずが
なんだかお2人の夢の中に
私たちも混ぜて頂いているような
そんな感覚だったこの日。

あっという間に4か月たってしまった今も
この日のことを思い出すと
言葉にならない想いがこみあげてきます

1つ気になるのが
お互い楽しみすぎて
新郎新婦様との写真を1枚も撮っていなかったこと笑

次の日まで、完全に忘れていた。笑

でも
この日を迎えるまでのことや
大好きなお2人への想いを手紙にして
当日こっそり伝えてられてよかった
(カメラマンさんのみ知っている。笑)

この日がお2人にとって
ずーっとずーっと、
おじいちゃんおばあちゃんになっても
家族で集まると会話に出てくるような
そんな一日になっていますように

もしそうであったなら
プランナーとして それほど嬉しいことはありません

2018.5.12 Wedding Concept
-color me !- トリドリに染まる

wedding plannner 橋本 沙代美

********************************************************************
ecru-ordermade wedding-
ウェディングプランナー 橋本沙代美

福島・山形・宮城・栃木
年内のご相談もあと数組承っております
********************************************************************

8/18・8/19WeddingFair

8月18日・19日と
福島市のアトリエで行う
ウェディングイベントの詳細です

ご結婚が具体的になった方も
まだ結婚がお決まりでないカップルも
もちろんご友人とのご参加も大歓迎の
珍しく賑やかなイベントになる予定♩

8月18日(土)はご相談が中心で
8月19日は(日)は、ご予約なしでもふらっと
ご参加いただける内容でございます

アトリエに常設展示してある
雑貨もご覧いただけますので
お気軽にお越しください

▽ ▽ 8月19日(日)の詳細はこちら ▽ ▽

《花嫁レッスン》11:00〜12:00
ecru卒花さんをモデルにヘアメイクMACHIKOによる
実演のレッスン♩花嫁さんの立ち居振る舞いのちょっと
したコツのレクチャーや、同じ花嫁さんでヘアチェンジ
をしたときのイメージの変化をお伝えします^^

《カタル葉 お花販売&花すくい》10:30〜16:00
アトリエを共にするカタル葉 夏限定ブーケ販売と
夏らしく 縁日の金魚すくいのような’お花すくい’も。
お花だけのお求めもお気軽にお越しください*

《フォトグラファー スガノユウヤ》10:30〜16:00
ecruのウェディングの数々、撮影をお任せしている
フォトグラファーのスガノ。美しい写真はもちろん
彼の魅力は人柄にもあります*
これまでの新郎新婦様の事例写真をじっくりご覧いた
だけたり、イベント中も撮影を通して気軽におしゃべりできる カメラマンを身近に感じる機会に♩

《アクセサリー販売》
ecruを立ち上げ当初からのご縁でたくさんの花嫁様に
身につけて頂いているSARAH GAUDIのアクセサリー。
普段使いできるようなピアスやウェディング用にも
たくさん入荷しています^^
ecruの花嫁様だけではなくアクセサリーだけのお求めも
もちろんできますので ぜひお友達や彼と気軽にいらしてくださいね♩

________________________

オープンな雰囲気でお待ちしていますので
ecruってなんぞや、という方も ちょっと気になってる
という方も、ふらりとお立ち寄りくださいね^^

あしあと

もう1ヶ月前のことになっちゃったけれど
6月11日 結婚式から2年の記念日に遊びに来てくれた二人

1周年も一緒にお祝いさせてもらえて また今年もお会いすることができて
アトリエでお迎えできたことが本当に嬉しかった日
ヘアメイクさんとも一緒に結婚式のこと 懐かしくおしゃべりしていました

当日 料亭での披露宴はゲストも緊張の様子でおいでだったけれど
こんなにもみんなの空気があったかく こんなにも二人と一緒に笑って泣いてくれる
ゲストに囲まれて ここまで愛されるお二人はそれだけ周りにたくさんの
優しさと愛情をもって接してこられたことが本当に伝わってきました

今でも職場で「本当にいい結婚式だった」って2年経っても言われるって
そんな結婚式を作ったのは ほかでもないお二人の純粋な気持ちでした
たっくさん悩んで たっくさん自分たちの歩みを嫌というほど振り返りながらも
お二人の大事にしてきたことを全部詰め込んだかけがえのない日

2年経ったこの日 お二人から1冊のアルバムをいただきました
そこには初めてお会いした時から 約1年をかけたお打合せの記録を
毎回のお写真と思い出を添えて 手作りしてくださったものでした

私のこと「救いの女神」って書いてくれてたり(笑)
そういえば毎回写真撮ってたよなぁ!ってその時は1回ずつのことで
何も意識せずに撮っていたお写真が まさかこんな風に今 あしあとになって
振り返ることができるなんて感無量でした

お二人と一緒に迎えられたその日は 私たちにとっても一生に一度
これから先もずーっとプランナーでいられたら 365日記念日じゃない日
なんてなくなると思うほど(笑)ずっとずっとお二人とおんなじ余韻に浸って
何か月も過ごしていたいほど 素敵な結婚式ばかり

でも今日が一生に一度ならば 来週も 半年後も 一年後も
ecruとまたその一生に一度の日を心待ちにしている新郎新婦様がいてくださるから
ぐっと・・・もう一度気持ちをフラットに戻して 思い出を心に大切にしまって
また次の日から前を向いて歩いていくような そんな気持ちでずっと
プランナーをやり続けてきました

だから 自分では思い出は心の支えにして あえて振り返らずに来たかもしれません
そうじゃないとフラットに戻すのは苦しく立ち止まってしまう気がしていました

でも こうして二人の温かい言葉とともに一年の打合せの日々を振り返らせてもらい
言葉にはできない想いでいっぱいでした
当日だけじゃなくて打合せの日々も含めて お二人にとって大切な思い出に
なってくれているのなら そんな幸せなことはありません

1周年の記念日には お二人が手作りして当日会場に飾った「ヒンメリ」を
イメージしたブローチを 結婚指輪を作られた作家さんにわざわざ依頼して
ecruの名前を入れてプレゼントしてくださって
お二人にも これまで出会ってくださった新郎新婦様にもどれだけ背中を押して
頂いたかわかりません 本当に本当に感謝でいっぱい

結婚式が済むと あれだけ頻繁にお会いしていた新郎新婦様と「打合せ」という形で
お会いする必要はなくなってしまうけれど いつでも帰ってこれるおうちのように
家族のような気持ちで 皆さんのことをアトリエで待っています

これからもecruの新郎新婦様が ずっとずーーーっと幸せでいられますように
橋本と一緒に 心から願っています*

Planner  梶原 映実

12345...1020...Last »